みちゃっこの自作ゲーム置き場

フィギュアカートシリーズ比較

当サイトの自作ゲームのフィギュアカートシリーズの比較です。

公開日更新日

比較

初代2代目(2)3代目(Maker)4代目(DX)
ウィンドウサイズ

640x480

800x600

640x360

1280x720

1280x720

640x360

960x540

1280x720

1920x1080

2560x1440※6

3840x2160※6

コース数81212※140
フィギュア数122410(15)※230
カート数38610
アイテムの種類数※46141724
最大プレイヤー数※512121020
開発開始※32014/05/282015/07/042016/11/282017/05/26
初リリース2014/12/262015/09/122017/04/152017/12/26

※1自分でコースを作ることができる。

※2メタセコイアを使ってフィギュアを作ることができる。

※3大体(目安)

※4複数系を含む。

※5自分を含む。

※664ビット版のみ。

フィギュアカート(初代)

コースは平面で少しレトロっぽい12個の人形が挑むレースゲーム。

排気量は4段階。

100cc、150cc、200cc、隠しモード(250cc)

排気量が上がれば上がるほどスピードが上がり難しくなる。

ゲームモードはオフラインで2人対戦機能、タイムアタック、フリードライブ。

フィギュアカート2

2代目のフィギュアカート。

ゲーム画面の比率が16:9になった。

前作と違いいろんな機能が追加された。

フィギュアショップレースで挑んでお金を貯め人形を買う機能。

カートショップレースで挑んでお金を貯めカートを買う機能。

ミッションラン機能(例●●秒以内にゴールを目指せ)など。

ミッションランの数は5レベル×5。

オフラインで2人対戦機能は廃止された。

フィギュアカートMaker

3代目のフィギュアカート。

自分でコースやフィギュアを作ることができる。

フィギュアを作るにはメタセコイア(無償も可)が必要。

壁テクスチャー、地面テクスチャーを作り、地面に乗った時の効果音も作ることができる、音声編集ソフトが必要。

フィギュアカートDX

4代目のフィギュアカート。

コースが大幅に追加された。

フィギュアカート初代、2代目(2)、3代目(Maker)のリメイク版のコースも登場する。